« ライブ後いろいろ | トップページ | 『Movieぴあ』とか »

2008年10月 7日 (火)

緒方拳さ~ん、ご冥福をお祈りします。

↑なんて言葉、まったく想定外だし、言いたくなかったよ。緒方拳さん、好きでした。子供のときからデス、きっと。名優、そんな言葉で言うのももったいないような、とっても深い人間性を持つ人なつっこい目が印象的でした。

昨日の「いいとも秋祭」、すでにニュースは伝わっていたのでしょうか。「風のガーデン」に出演予定で元気に記者会見も出られていたとか。出演者の中のごくごく一部には知らされていたのかもしれません。司会の中居くんにも。

新聞を読んでいたら、緒方さんの記事で「『砂の器』の善良な巡査から『鬼畜』の殺人犯まで幅広く演じられる・・」というところがありました。中居くんの良き道しるべでもあったんでしょうね。

「ナニワ金融道」がレベル高かったのは、原作・脚本そしてキャストに尽きます。特に若い灰原クンを見守る社長と名コンビの桑田さん。社長役の緒方さんが、灰原にお金と人生を語ることで、「ナニワ」に凄い厚みが生まれたのです。ホントにありがとうって思います。「灰原クン」って呼ぶのも久しぶりです。DVD持ってないので、ビデオを引っ張り出して観てみようかな。

「ナニワ」の最終作は、なんだかほろ苦いものでした。ナニ金の魅力は、街金ながら痛快に悪い奴らを出し抜いていく帝国金融と、お金にまつわる人々の悲喜劇を笑いながら見守る暖かい視線だったと思います。でもだんだんノンフィクションがフィクションを追い越していく。この間の大阪個室ビデオ店の放火事件だって、5年、10年前だったら、あの人は帝国金融にしばかれただけで終わりだったかも。そう考えるとホンの少し前のナニ金の時代は、Good Old Days だったのかもしれません。

そういえば、私がSMAP東京ライブで熱狂のるつぼの頃、ポール・ニューマン逝去のニュースがありました。大好きだった。ちょっと緒方さんと似ているタイプかもです。知的で暖かくてチャーミングな笑顔で。『スティング』と『明日に向かって撃て』が最高です。『スティング』を見ながら、ポール・ニューマン=中居、ロバート・レッドフォード=慎吾で観たい!なんて思っちゃいました。

話はそれましたが、緒方拳さん、たくさんの名作をありがとうございました。ゆっくりお休みください。

|

« ライブ後いろいろ | トップページ | 『Movieぴあ』とか »

コメント

noriさん、金子社長にコメントありがとう(^^)
ナニ金、特に第1話から3話は、もうすべてにおいて絶品です。このまま”寅さん化”するんじゃないかと思うくらいでした。脚本が良くて、脇を固める役者さんが素晴らしいという、恵まれたドラマでした。
そう、味いちとナニ金は、役者中居の初期の金字塔(笑)ですね。
緒方さん、何年も病気と戦っていた事が今日になって分かりました。最後まで役者だったんですね。今日の夕刊に出ていた、緒方さんへの言葉に、「役を生きていた」という言葉がありました。やっぱり中居くんの大先輩かな。

News23、すみません、ありがとうございました。

投稿: あられ | 2008年10月 8日 (水) 23時12分

ご無沙汰してます。
先に古い話を。
メール、一応してはみたのですがいまいちよくわからなかったので、(NEWS23…はもういいか)等必要であればメール下さいませ。

さて、金子社長。
ナニ金はホントに好きで、その全てが好きで、社長を思うとジワジワ来てしまっていけません。
中居の作品で、中居抜きでも絶対見た!絶対ハマった!というのはきっとナニ金だけだと確信があります。
(他がどうではなく、それだけナニ金が細部まで魅力的な作品だったという意味で。好きとハマるとは違うてのも含め)

ナニ金や味いちは、中居がドラマに出だした時期の作品でもあり、役柄と本人や周りの関係にリンクする部分も多く、色々感じることが多過ぎます。
金子社長や桑田さんが灰原くんを厳しくも優しく見守っていた視線や、灰原くんの若さ故の甘さ、やるせなさ、そういうものが少なからずリンクしてしまって。(勝手な感傷ですが)

有り難うございました。ゆっくりお休み下さい。
この場をお借りしまして、失礼しました。

投稿: nori | 2008年10月 8日 (水) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119773/42719272

この記事へのトラックバック一覧です: 緒方拳さ~ん、ご冥福をお祈りします。:

« ライブ後いろいろ | トップページ | 『Movieぴあ』とか »